オリックス銀行カードローンの郵送物や在籍確認の電話について。

在籍確認について

カードローンの申し込みをして審査の段階に入ると、あなたが本当に会社に所属しているのかを確認するために在籍確認という作業が入ります。
具体的には、勤務先にオリックス銀行から電話が入ります。
カードローンの利用が会社の人にバレる原因のほとんどはこの在籍確認によるものでしょう。

 

オリックス銀行のカードローンについても、他のカードローン会社と同じように在籍確認の電話は必ず入ります。

 

実際の流れは以下のようになります。

 

オリックス銀行の担当者から会社へ電話が入ります。
「オリックス銀行の○○と申しますが□□様はいらっしゃいますか?」
この時の配慮として、担当者は「カードローン」という言葉は一切口に出しません。

 

電話口に出た方が「□□は外出しております」「席を外しております」というような返答をしてくれれば在籍確認完了です。
あくまであなたが会社に所属していることを確認するのが目的です。
目的が果たせれば担当者はそれ以上余計なことは話しません。

 

在籍確認をする担当者も在籍確認は嫌がられる作業だということは重々承知しています。
必要最低限のことを話すだけなので安心してください。

 

もし勘の良い人に詮索されるようなら、「ネットバンキングの口座を作った」と伝えれば済むでしょう。
少なくともカードローンを利用していると断定されることはありません。

本人意思確認の電話

在籍確認の電話が終わった後に、本人意思確認というものがあります。
申し込みをしているのが、本当にあなた自身なのかを確認するための電話です。
基本的に携帯電話を登録する方が多いと思われますが、家の電話番号を入力して、希望連絡先を自宅にしていた場合は家に電話がかかってきます。
ここでは、家族の方が出ないようにご自身の携帯番号を登録しておきましょう。

郵送物について

カードローンの利用が家族にバレる原因の多くは郵送物です。
残念ながら、オリックス銀行のカードローンではカードが届けられる為に必ず郵送で自宅に届くようになります。
封筒の外側にはオリックス銀行とは書いてありますが、カードローンという文字はありません。
もし家族に勘繰られるようなら、やはり「ネットバンキングの口座を開設した」という言い訳が通用すれば問題ありません。

 

しかし、郵便を開けられてしまったら「カードローン」とはっきり書かれていますので、言い逃れができません。

 

会社の人たちにカードローンの利用がバレたとしても、プライベートのことなので口出しされる筋合いはありませんが、家族に内緒でカードローンの利用をしてバレた場合には、家族の絆にひびが入る恐れもあります。

 

どうしてもカードローンの利用が必要なのであれば、家族にきちんと相談するのがベストでしょう。
もしできないのであれば、郵便物が届かない他社のカードローンを利用することをお勧めします。